myVertica  

Verticaホストのネットワーク接続に問題がある場合の対処方法

Verticaホストが物理的に利用できる状態で、オペレーティングシステムが稼動していてもVerticaクラスターへのネットワークにアクセスできない場合、外部からの接続ができないことが考えられます。クライアントソフトウェアの接続に失敗し、ユーザーはホストにsshできない状態で、ハードウェアのコンソール接続を確認すると、ホストがまだ稼動しているように見えるとします。
次のような問題が存在しないかどうかを確認します。

ステップ タスク 結果
1 NETWORK_USAGEシステムテーブルから初期情報を取得します。 => SELECT * FROM NETWORK_USAGE; NETWORK_USAGEシステムテーブルに関する情報を取得したら、Step 2 に進みます。
2 デフォルトのルートIPアドレス、あるいは、ルーターアドレスにpingする際に問題がありますか? 問題がある場合、ルーターはダウンしているか、または誤って構成されています。ルーターを再設定して再起動してください。該当システムのネットワーク管理者に相談してください。

問題がない場合、Step 3 へ。
3 ファイアウォールが有効になっていますか? 有効になっている場合、ファイアウォールを無効にして設定を確認し、Step 4 へ。

有効になっていない場合、設定を確認し、Step 4 へ。
4 ファイアウォール設定がVerticaが必要とするポートをブロックしていますか? デフォルト設定を使用し、Verticaが必要とするポートをブロックすると、ファイアウォールの問題が発生することがあります。 ポートをブロックしている場合、次のコマンドを実行してファイアウォールを無効にします。 $ service iptables save $ service iptables stop $ chkconfig iptables off $ service ip6tables save $ service ip6tables stop $ chkconfig ip6tables off ポートをブロックしていない場合、Step 5 へ。
5 使用中のネットワークポートを確認します。 netstat -atupn Verticaでは、次のネットワークポートが必要となります。
  • 22 TCP:管理ツール
  • 5433 TCP/UDP:Verticaクライアント(vsql, ODBC, JDBC など)
  • 5434 TCP:クラスター内通信
  • 5444 TCP:Verticaマネージメントコンソール
  • 5450 TCP:Verticaマネージメントコンソールウェブアクセス
  • 4803 TCP:Spreadクライアント接続
  • 4803 UDP:Spreadデーモン間接続
  • 4804 UDP:Spreadデーモン間接続
  • 6543 UDP:デーモン接続に対するSpreadモニター
  • 一部のポートがブロックされている場合、Verticaが必要とするポートの一覧とファイアウォール上でオープンしているポートを確認します。

    ポートのブロックに問題ない場合、Step 6 へ。
    6 DNS設定エラーが発生しましたか? エラーが発生している場合、
  • ホスト名の代わりにIPアドレスを使用してみてください。
  • pingコマンドを使用して接続を確認します。host.domain名、あるいは、IPアドレスを使用します。

  • エラーが発生していない場合、Step 7 へ。
    7 物理的なケーブルの問題がありませんか?間違ったネットワークインターフェイス、あるいは、間違ったポートにケーブルがささっていたりしませんか? 問題がある場合、該当システムのネットワーク管理者に物理ホストとネットワークケーブルを確認するよう依頼してください。

    問題がない場合、Step 8 へ。
    8 デフォルトのネットワークゲートウェイが不正に構成されていませんか? 不正に構成されている場合、ゲートウェイルートを設定します。デフォルトのルートがないと、ネットワークトラフィックはサーバー上のローカルに残ります。 次のコマンドで、ルート情報を表示します。$ netstat -r -n 不正に構成されていない場合、Step 9 へ。
    9 不適切なIPアドレス、あるいは、重複したIPアドレスを持っていませんか? 該当する場合、ネットワークのIPアドレスを確認して変更します。ifconfig -a コマンドを使用してIPアドレスを確認し、pingコマンドを使用してIPアドレスを指定して正しいホストを確認します。 該当しない場合、Step 10 へ。
    10 ネットワークマスクは間違っていませんか? 間違っている場合、ネットワーク管理者にネットワークマスクの設定を確認し、必要に応じて更新してください。 ネットワーク設定とネットワークマスクを確認するには、ifconfig -a コマンドを使用します。Eth0 Link encap:Ethernet HWaddr D8:9D:67:6B:50:80 inet addr:10.10.10.4 Bcast:10.10.10.255 Mask:255.255.255.0 間違っていない場合、Step 11 へ。
    11 パケットが欠落している、あるいは、ネットワーク接続が遅いということはないですか? 該当する場合、変更あるいは設定について、該当システムのネットワーク管理者に相談してください。 ネットワーク構成の設定やエラーを確認するには、ifconfig -a コマンドを使って該当するネットワークアダプタについて確認します。 出力内容から次の行を探し、多数のエラーとドロップされたパケットがないかどうか確認します。 RX packets:184412793438 errors:112992 dropped:0 overruns:99679 frame:13313 該当しない場合、Step 12 へ。
    12 物理ネットワークケーブルがサーバーとスイッチの間でつぶされているようなことはないですか? 該当する場合、ネットワークケーブルを確認して交換してください。多数のパケットがドロップされるような症状が現れます。 設定を確認するには、ifconfig -a コマンドを使って該当するネットワークアダプタについて確認します。 出力内容から次の行を探し、多数のエラーとドロップされたパケットがないかどうか確認します。RX packets:184412793438 errors:112992 dropped:0 overruns:99679 frame:13313 該当しない場合、Step 13 へ。
    13 スイッチファームウェアのバージョンが古い、あるいは、パッチが必要な状態ですか? 必要な場合、必要なパッチをインストールします。ファームウェアパッチについては、ネットワーク管理者に相談してください。

    必要でない場合、Step 14 へ。
    14 スイッチのNAT(ネットワークアドレス変換)テーブルが正しくない、あるいは、最近変更されましたか? 該当する場合、該当システムのネットワーク管理者に変更または設定について、問い合わせてください。 ネットワークの変更を確認して問題を解決します。
    15 Linuxのネットワークドライバやパッチは必要ですか? 必要な場合、ネットワークドライバが最新であることを確認します。 必要に応じてパッチをインストールしてください。そうでない場合、yum -update を実行して必要な更新を行い、パッチをインストールします。

    必要でない場合、Verticaテクニカルサポートまでお問い合わせください。

    関連詳細情報

    関連するシステムテーブルについては、Vertica Documentation の NETWORK_USAGE や NETWORK_INTERFACES をご参照ください。 Vertica Knowledge Base の Configuring Network for Import and Export Data でVertica上でのネットワーク設定に関する詳細情報が確認できます。