myVertica  

Verticaのアップグレード方法

Verticaは、すべてのリリースで、新しい機能を追加し既存の機能を強化します。新機能あるいは改良された機能を使用するには、Verticaを最新リリースにアップグレードしてください。

前提条件

アップグレードする前に、次の手順を実行します。

  • データベースのフルバックアップを実行します。アップグレードが成功しなかった場合、フルバックアップで現在のバージョンにロールバックすることができます。ハードリンクでのバックアップの取得を検討可能です。ディスク障害が発生すると、バックアップが破損することに注意してください。
  • 新しいバージョンのプラットフォーム要件を確認します。
  • カタログ用のストレージスペースを確認します。
  • HDFSコネクタをアンインストールします(Vertica 7.2.xより前のバージョンからアップグレードする場合のみ必要です)。
  • vertica-R-langなどのVerticaサーバーパッケージと依存関係のあるものについても、アンインストールを実施します。


  • 最高のパフォーマンス結果を得るために、すぐに次のバージョンにアップグレードすることをご推奨します。
    例:次の増分バージョンのVerticaにアップグレードします。たとえば、7.1から7.2または8.0から8.1にアップグレードします。詳細については、Vertica Documentation の Upgrade Paths を参照してください。

    これらのタスクの完了後、データベースをシャットダウンし、次の手順を実行します。

    ステップ タスク 結果
    1 既存のデータベースの完全なローカルバックアップを取得し、データベースを停止します。 $ /opt/vertica/bin/admintools -t stop_db -d db-name バックアップが成功した場合、Step 2 に進みます。

    バックアップが失敗した場合、Vertica Documentation の Creating Full Backups を参照してください。
    2 各ホストにインストールした追加のパッケージをアンインストールします。 rpm -e vertica-package-nameこの手順を省略し、追加のパッケージをアンインストールしない場合、次のステップでVerticaサーバーパッケージのインストールに失敗します。 アンインストールが成功した場合、Step 3 に進みます。

    アンインストールが失敗した場合、エラーを確認し、Verticaテクニカルサポートまでお問い合わせください。
    3 任意のホストに新しいVerticaサーバーパッケージをrootまたはsudoでインストールします。 # rpm -Uvh pathname $ sudo rpm -Uvh pathname 1つのノードまたはすべてのノードにインストールできます。1つのノード上にインストールした場合、install_verticaスクリプトが他のノードに順番にインストールします。すべてのノード上に同時にインストールした場合、スクリプトがrpmをコピーする必要がないため、install_verticaスクリプトの実行が高速になります。 インストールが成功した場合、Step 4 に進みます。

    インストールが失敗した場合、エラーを確認し、Verticaテクニカルサポートまでお問い合わせください。
    4 次のサンプルコマンドのように、update_verticaスクリプトをrootまたはsudoで実行します。 # /opt/vertica/sbin/update_vertica --rpm /home/dbadmin/vertica_x.1.x.x86_64.RHELx.rpm --dba-user mydba 更新が成功した場合、Step 5 に進みます。
    5 データベースを起動します。 => # /opt/vertica/bin/admintools -t start_db -d db-name データベースが起動すると、Step 6 に進みます。
    6 クラスターでVerticaサーバーパッケージをアップグレードした後、クライアント認証をアップグレードします。
    a. CLIENT_AUTH、CLIENT_AUTH_PARAMSおよびUSER_CLIENT_AUTHシステムテーブルを照会して、アップグレード中にVerticaが作成したクライアント認証方法を確認します。
    b. vertica.logファイルを確認します。
    c. CREATE AUTHENTICATIONで必要なレコードを作成します。
    d. アップグレード後、定義されているすべての認証方法を有効にします。
    e. 10,000などの非常に高い優先度を持つ認証方法(LOCAL TRUST、または、LOCAL PASSWORD)を作成します。このメソッドをDBADMINユーザーに権限付与し、ALTER AUTHENTICATIONを使用して優先度を設定します。
    アップグレードが成功した場合、Step 7 に進みます。

    アップグレードが失敗した場合、Verticaテクニカルサポートまでお問い合わせください。
    7 アップグレードする前にアンインストールしたパッケージを再インストールします。各パッケージについては、インストールまたはアップグレードの手順を参照してください。 アップグレードで1つまたは複数のパッケージをインストールできない場合、admintoolsでパッケージを再インストールしてください。

    関連詳細情報

    Vertica Documentation の Upgrading Vertica にて、詳細情報が確認できます。